検索

kennewickman-2

最終更新: 2019年10月15日

[kennewickman]

2012年4月1日。


カナダのバンクーバーへ向けてレンタカーを走らす。

この日に生まれて初めて海外で車を運転した。交通法規などまあ日本と同じようなものだろうとたかをくくって、というより会社を退職してこれからチャレンジしようとしていることの大きさに比べれば車の運転などはどうでも良いことだったので、まったく気にせず何も調べてこなかったのだが、何故だか交差点で後ろの車にクラクションを鳴らされる。なんかおかしいな、何がいけないのだろうと分からないままに、クラクション数回目ではたと気づいた。あっ、どうやらアメリカでは赤信号であっても右折はしていいのか!(日本で言えば左右逆なので左折だ)

それ以外は、走行車線も運転席もワイパーとウインカーの位置関係も左右逆だか、走っているうちに体が覚えた。

しかしとんでもない落とし穴があった。レンタカーには地図は表示されずに交差点の右左折だけを教えてくれる簡単なナビかついており、目的地であるバンクーバーを入力して指示されるままにハイウェイを飛ばしていたのだが、空港を出てから二時間ぐらい走ったところで、理由はなく何となくの感で、はて何かが違うと思い当たった。なんだろうなんだろうと調べてみたら、どうやら南北を真逆に走っている。なんとアメリカのワシントン州にバンクーバーという都市があり、そこに向かっていたのだった。世界的に有名なバンクーバーはカナダだけのものであり、まさかアメリカに同じ名前の都市があるとは思いもしなかったのである。早く気付いてよかった。メキシコに行ってしまうところだった。

方向転換して再びシアトルに入り、摩天楼を走り抜けた。


©2019 by ウミアック珈琲

  • Facebook
0